ビーバー隊

ビーバー隊活動解説(科学遊びと手品)

子ども達が「不思議」にふれる

ビーバー隊の集会では楽しい科学の実験や、不思議な物理を体感するプログラムが行われることが有ります。

子ども達が「不思議」や「なぜ?」の体感を通し科学への知的好奇心を育みます。

子ども達は不思議な体験やサプライズが大好きです。

ビーバースカウト活動で行われる科学遊びや手品は子供たちの視覚的な刺激驚きを通して科学への関心を導くことを目的に展開されます。

ビーバー活動での実験や手品

五感を使った驚きで科学への興味を誘います

ビーバースカウトの集会で行われるすべてのプラグラムは教育的効果がちりばめられています。

今回は、集会で行われるプログラムのなかでも特に「科学遊びと手品」についてその狙いに注目してみましょう!

プログラムのねらいと工夫

ビーバー隊の科学遊びや手品は下記のような教育的効果を狙って展開されます。

  • 身近なものに興味を持つ
  • 想像力を養う
  • 好奇心を伸ばす
  • 考える姿勢を養い、考える力を育む
  • 安全に生活できる習慣を身に着ける

など

ビーバースカウト対象年齢に当たる小学1,2年生はカブやボーイ年代に比べ集中力の持続時間が短く限られます。

そのため、知識を教え込むことを重視せず、視覚や聴覚など五感に訴えた驚きに満ちたプログラムを展開することで子供たちに科学への興味関心を芽生えさせます。

また、ビーバー年代での科学実験や手品などのプログラムは様々な危険が伴うため、安全かつ高い教育的効果を発揮させるため、隊長をはじめとした成人指導者は様々な工夫を行っています。

一例では、

  • 事前準備や練習を十分に積んでおく
  • 年齢的に安全距離を守れないことがあるので距離を保つ
  • 工具など危険なものを使用する場合は父兄を含め安全教育を徹底する
  • ビーバー年代では暗闇などを怖がる子供たちもいるため配慮する。

など

といったことに留意しながら集会の計画を行っています。

活動の一例

ビーバー隊の集会では下記のようなプログラムを野外活動として行っています。

  • 炙り出し
  • アイスクリーム作り
  • 影絵
  • 鏡での光の反射
  • 静電気の実験
  • ロープを使った手品

など

まとめ

科学遊びと手品
  • 体験を通して子供たちに科学について興味を持ってもらう
  • 想像力や思考力を伸ばす
  • 安全に生活できるスキルを身に着ける

ボーイスカウトの始め方

まずは実際の活動の見学がしたい!ボーイスカウトを始めたい!

下記公式サイトからお近くの団を今すぐ検索!

https://www.scout.or.jp/

お近くの団を検索いただき、お問い合わせボタンをタップしていただくとメールフォームが開きますので、必要事項をご記入の上ご連絡ください。

活動地域がわからない場合は、お気軽に各都道府県連盟に直接お問い合わせください!